赤茶けた日記帳

無限のファンタジアで活動するレイクスの日記帳となります…

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駄文2

今回は私が担当みたいですね…なんで偽OPなんて作ってるんでしょうかって感じですけど
二人ほど出しちゃってますけど…すみませんね




連日の雨も上がり初夏の日差しを感じるようになったある日のこと
赤毛の少年は兄に呼び出されて中央テントの中にいた…

「ちょっと収益が上がってないな…もう少し収益を上げないと必要な物資を手に入れることも厳しくなりそうだが」
渋い顔をして言う赤毛の男

「人は結構来てくれるんですけどね…町の人たちがやっぱり場所が分からないせいか来づらいみたいです」
自分の思ったことを口に出した後に既にそれくらいは考えているであろうことに気づいて後悔する少年

「やはりその問題があるか…それについてルークスは何か良い案はあるかい?」

「…そうですね…他の人たちに現在いる位置を知らせる手段があれば良いと思うんですけど…」
おずおずと口にする少年

「…現在地を知らせる手段か…やってやれないことは無いかもしれないな…」

…それより数刻後…

「伝書鳩ですか、良い案ですね。ルークスさんはお疲れ様です。ただ、鳩を捕まえてこないといけなさそうですね。」

「訓練もしないと行けないしな。でも出来たら確かに便利になりそうだなぁ」

「まぁ私も狩人ですし…そのあたりは頑張って見ますね。手を貸していただけるとありがたいですけど…もしよければ宜しくお願いしますね」

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://lakesp.blog62.fc2.com/tb.php/80-4a23eeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

プロフィール

レイクス

Author:レイクス
レイクス・フォンテール
フォンテール家の長子
コメントもらうと喜びます

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。